第63回 魔女の瞳を訪ねる山歩き「一切経山(1,949m)」軽登山の報告


 2カ月ぶり2022年7回目のお山歩は10月2日(日)、福島県の「一切経山」に魔女の瞳を観に行きました。当初計画では反対側の「家形山(1877m)」からの予定でしたが、閉鎖されていた浄土平からの「一切経山」への登山道が使えるようになっていることを確認したため、短時間で楽に登れる「一切経山」に変更したものです。 「一切経山」は4年ぶり3回目ですが、今回も秋空の下神秘的なブルーの魔女の瞳(正式には「五色沼」)を拝むことができました。また、今回は鎌沼には立ち寄らずに早々に下山して対面にある「吾妻小富士(1707m)」にも登り、一切経山などを眺めながら火口を周回してきました 。
1.参加者(計4名)
   主宰、Fさん、Tさん、Kさん
2.行程実績
   0530〜0825 団地発〜日立南IC〜磐梯熱海IC〜浄土平(1579m)着
   0825〜0850 登山準備、準備運動
   0850〜1020 登山口〜酸ヶ平避難小屋〜一切経山頂(1949m、昼食休憩50分)
   1110〜1230 一切経山頂〜酸ヶ平避難小屋〜浄土平登山口
   (歩行距離:約6.0km、歩行時間:約3時間、高低差:約370m)
   1245〜1345 浄土平〜吾妻小富士(1707m)〜浄土平
   (歩行距離:約2.0km、歩行時間:約1時間、高低差:約130m)
   1400〜1430 浄土平〜高湯温泉「花月ハイランドホテル」(入浴45分)
   1520〜1850 高湯温泉〜福島西IC〜安達太良SA〜日立南IC〜団地




3.会計報告
(収入)参加費
   @ 主宰以外: 6,200円/人×3名=18,600円
   A 主  宰: 3,500円                 計22,100円
(支出)
   @ 交 通 費: 10,400円=2,600円/名×4名
    ・燃 料 代: 4,220円(端数調整済)
     (往復約450km、軽油:140円/l、15km/l)
    ・高 速 代: 5,680円(往:2,650円、復:3,030円)
     (往路:日立南IC〜磐梯熱海IC、復路:福島西IC〜日立南IC)
    ・駐 車 料 金: 500円(浄土平P)
   A 実  費: 900円/名(温泉)×4名=3,600円
   B 運転慰労金: 2,000円/名×3名(主宰除く)=6,000円
   C 主宰経費: 700円/名×3名=2,100円
    ・写真、地図等資料作成費、HP維持費等
                               計22,100円

  4.その他(コース概要など)
 今回で3回目の一切経山。絶好の登山日和となり日曜日とあって多くのハイカーが訪れていました。今年の紅葉は1週間ほど遅れているとのことで紅葉登山にはならなかったものの色付き始めた山々はそれなりに見事な眺めでした。
 登山道はザレ石が多く決して歩き易いコースではないですが、1.5時間ほど登れば山頂に到着です。山頂はどこがピークか判らないくらい平らで広々しており、北側の急斜面下には「魔女の瞳」があります。過去2回とも見られましたが今回は天気が良いせいか神秘的なブルーの水面が今回は特別に綺麗でした。
 写真を撮って早目の昼食を摂った後は早々に下山し次は吾妻小富士へ。ザックは車に置いて身軽な格好で登りました。標高差は130mほどで登山口から火口口まで登り時計回りで山頂を巡ってくるコースです。火口周回道からは一切経山の全容が良く見え、山頂側からは福島市を眼下に見下ろすので非常に眺望が良くお薦めです。

以上


「一切経山・吾妻小富士」軽登山写真集


団地から磐梯熱海ICを経由して約3時間で浄土平の駐車場に到着。
最高の登山日和で浄土平は多くの車がありました。
装備をしてまずは一切経山をバックに記念撮影。8:50出発です。



駐車場から右手に一切経山を見ながら登山道を歩いて行きます。



吾妻小富士の火口が見えてきました。
時間を見て午後に登る予定です。



木道が出てくると酸ヶ平は近いです。



酸ヶ平まで登ってきました。
避難小屋を経て正面のくぼんだ所をこれから登って行きます。



木道を歩いて分岐点まで行きます。真っすぐ行けば鎌沼方面です。
地図で見るとゴンドラと登山道の長さはほぼ同じくらいです。



分岐点に来ました。避難小屋がすぐ先にあります。



避難小屋に到着。少し休憩していきます。
入口の反対側にはトイレもあります。



避難小屋を後にして一切経山を目指します。
振り返ると鎌沼が見えます。



景色を楽しみながらの立ち休憩。
この辺りはザレ石で斜面もそこそこあるので少々キツイ所なのです。



斜面が緩くなってきました。後方の山は「東吾妻山(1975m)」ですね。



登り切った広場で少々休憩。ここから山頂までは0.6kmとありました。



ザレ石が続きます・・・



隠れていた吾妻小富士も見えてます。



左方面が山頂・・・
ハイカーが多いです。



山頂方面をズームしてみました。



振り返ると磐梯山が綺麗に見えてます。



大分きましたね。山頂はあと少しです。



10:20、山頂到着! ちょうど1時間半で着きました。



早速魔女の瞳を観に行きますが、その前に三角点にタッチ!



「魔女の瞳」です!
天気が良いせいか水面の青色も以前よりも綺麗な感じ。
正面左側の高台は当初計画していた「家形山」です。



魔女の瞳をバックに記念撮影。
すぐ後ろは急斜面なのです・・・
まだ10時半ですが早目のランチにします。魔女の瞳を眺めながらのランチは格別でした。



魔女の瞳を堪能して山頂標で記念撮影。順番待ちでした・・・



これから登る吾妻小富士をバックにもう一枚・・・



吾妻小富士のアップ。左側の尖っているところが山頂のようです。



往路をそのまま戻って下山します。



このコースの一番の難所・・・



ほんとにいい天気。雲も秋らしい雲ですね・・・



避難小屋を過ぎて分岐を左折していきます。



黄葉が綺麗です。来週あたりが紅葉のピークでしょうか・・・



駐車場と吾妻小富士が良く見えてきました。



大分下りてきましたね・・・



青空に秋雲、そして噴煙・・・



12:30、駐車場に到着です!
解装し身軽になって吾妻小富士に向かいます。



吾妻小富士の登り口で何だか判りませんが、とにかくバンザイ!



良く整備された階段を登って行きます。
一切経山と浄土平の駐車場を途中から撮ってみました。いい眺めです・・・



火口口に着いたところで記念撮影。
一切経山の山頂は右側の平らに見えるところですね。



一切経山の山頂をズームアップしてみました。
ハイカーがみえますね・・・



山頂へは時計回りで行くようにとの看板があったので、そのとおりに歩いて行きます。
遮るものが何もないので素晴らしい眺望です!



山頂はあそこのピーク。



左側を見下ろすと磐梯吾妻スカイラインが見えます。



山頂へは以外に傾斜のある坂道を登って行きます。



山頂到着。福島市が良く見えます!



火口越しの一切経山方面。



少し下ったところで火口越しにパチリ!



火口はこんな感じ。水はけが良いためか池ができないようです。



福島市です。



先へ進んで山頂方面です。



山頂方面をバックにパチリ!



Iさんがスマホで撮ってくれました。



秋らしい山と雲の風景です。



4分の3くらい巡ってきたみたいです。



山頂が反対側に見えてきました。



東吾妻山方面の眺望です。



もう少しで吾妻小富士の火口巡りも終わりす。
今回の山行ももうすぐ終了、晴天の中最高の山行でした。これから温泉に入って帰ります。
お疲れ様でした・・・。

Fin
inserted by FC2 system